« はとバスでぶどう狩りへ | トップページ | 花火大会 »

2012年9月 8日 (土)

横浜のやきもの 真葛焼の魅力 「宮川香山」

以前 県立歴史博物館で香山の焼き物を見た事があるので 市の講座を受講しました。

香山は開港後間もない「明治4年」横浜に竈を築き、高浮彫を施した陶磁器などを世に出し世界各地の万国博覧会などで絶賛され 「数々の賞を受けている」 明治29年に帝室技芸員となり名実ともに明治の陶磁界を牽引する存在でしたが、その後 昭和20年5月の横浜大空襲で壊滅てきな被害を受け「3代目当主も亡くなり」 その歴史を閉じる事になりました。

釉下彩の優雅な作品もありますが超絶技巧と言われている高浮彫の作品には目を奪われます。この立体的な装飾を器物に施す枝法は、高度で確実な枝術がなければ不可能のようです。 横浜「日本」の宝 として何時までも残しておきたいと思いました。

当日頂いた資料の一部                                                          

Imgp2978

又横浜にある「真葛ミュージアム」でフランス、イギリス、アメリカから里帰りした名品30点余りが展示されている事を知り行ってきました。「主として輸出するために作られた焼き物なので・・・  高浮彫作品を中心とした展示は9月9日まで」

Photo Imgp2980




|

« はとバスでぶどう狩りへ | トップページ | 花火大会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

真葛香山 で 検索中です
このチケット 中日新聞から 貰ったけれど 行けなかった
今 画像検索 しました。すごい作品ですね。最高。
焼き物に 詳しくない私です。
陶芸同好会(名前検討中
世界が 認めたもの~ 職人 芸術家~
芸術同好会(名前検討中
覚えておきたい 知っておきたい 作家 作品名~

投稿: 村石太仮面 | 2014年1月 7日 (火) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424485/47059569

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜のやきもの 真葛焼の魅力 「宮川香山」:

« はとバスでぶどう狩りへ | トップページ | 花火大会 »