心と体

2013年5月28日 (火)

やっぱり八幡さま

鎌倉の遺産登録は残念な事になったようですが 私たち市民にとって、八幡宮は心の拠り所になっています。市全体も 古都として静かな佇まいと 歴史ある行事など誇りにしています。お参りの途中、白幡神社前で、琵琶演奏の奉納がある事を知り行ってみました。

椅子が並べられていて静かに聴く事ができました。演目は 旗揚げ弁財天、畠山重忠、屋島の誉、壇ノ浦、西行法師等々 最後の西行法師は圧巻で 息もつかせぬ程の感動を覚えました。この場に来られた事を感謝した実りある一日でした。

005 030_2

Photo_3 010

Photo_4 Photo_5


薩摩琵琶 錦心流全国一水会の方々でした。






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

初詣

初詣は毎年 寒川神社にお参りします。家内安全と健康をお祈りします。

山門の ねぶた も楽しみです。

012  017


鎌倉七福神めぐり はこれからまわります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

お十夜と材木座海岸

十三日に、鎌倉光明寺の お十夜法要に行ってきました。今年は 本堂に上げていただき お説教を聞き お念仏を唱え 少しですが仏さまに近ずけたような気になりました。

Hikari1_2  Hikari102

Hikari103   Hikari33

Hikari4_2

帰りにお寺のすぐ前の材木座海岸に出てみました。キラキラ光る海に波はなく遠浅で穏やかな海でした。

Umi1_2   Umi35

光明寺には両親が可愛がっていた犬のお墓 「共同墓苑」があるので お参りがてら毎年行きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

大銀杏その後

先日 八幡様へ行った時、倒れた大銀杏の事が気になっていましたが時間がなく写真を撮る事ができなかったので 、今日改めて行ってきました。

元の根から出た ヒコ生えは元気に沢山芽吹き、胴体の部分からも沢山の 葉が茂っていましたので一安心しました。

Hati172 Hati3

Hati4 Hati10

お参りした後、境内にある国宝館で八幡宮所蔵の国宝の数々を拝観してきました。約八百年前 鎌倉時代の歴史と伝統の重さを勉強してきました。

Hati6
Hati7_2 Hati8

境内には萩の花も咲きはじめ秋の訪れも感じられるようになりました。

Hati9

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

石上様の例祭

海の日の昨日 御霊神社にある石上様のお神輿の海上渡御があるというので出かけてみました。神社にお参りしてから祭事の始まるのを待ちました このお祭りは坂の下の前浜の沖にあった岩石を土地の人たちが海の中から引きあげ、二つに割って一方の石を石上神社としておまつりしたのだそうです。

昔、数多くの漁船が この海中の岩石で遭難して人命を落としたので このお祭りでは土地の若者が泳いで渡り お赤飯、供えものを海神に捧げるのだそうです。

Isigami1 Isigami2

Isigami3 Isigami4

神主さまの祝詞をはじめ氏子さんたちのお参り、お払いなどの行事が進み海上渡御が無事に終わる事を祈ってお神酒が配られます。氏子さんたちに担がれて『笛や太鼓のお囃子も加わります』海岸まで出ます ここで待っていた若者たちも加わり もう一度同じことを繰り返します。

Isigami6 Isigami7

お神輿と神主さまを乗せた船と お囃子連を乗せた船が沖に出ます。若者達(2~30人いたようです) も一緒に泳ぎます。人影も見えなくなるくらい沖に出て 戻ってくるのに4~50分はかかったでしょうか

Isigami11 Isigami10

Isigami8 無事に渡御が終わり祭壇に安置したあと もう一度、若者たちに担がれて海に入ります

波を冠らない程度で引き上げます。

Isigami13 Isigami5_2

お天気も良く逗子海岸の賑わいもよく見えました。 潮のかおりを体一杯に受けて私も少し日焼けしたようです。

土地の人たちはこのお祭り以後でなければ海水浴をしないとか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

成就院、針磨橋、月影地蔵へ

成就院の石段は108段、般若心経の文字数と同じ262株の紫陽花が 両側に植えられています。

上から由比ヶ浜の海岸が眺められます。

Azisai4 Azisai22

極楽寺の方に戻ると 左側に石段があり上杉憲方のお墓があります。誰にも気ずかれないような場所に ひっそりと眠っています 昔の人の 越し方が偲ばれます。

Norikata2 Norokata1

Nori6_2 Nori4

Nori5 極楽寺駅前より稲村ヶ崎方面に下り少し歩くと針磨橋「はりずりばし」があります。 此処は「我入道」というお坊さんが針を磨る仕事をしていたから とか又その仕事をしていたお婆さんが住んでいたからとか の謂れがあるようです。

Hari2 Hari1

小さい石の橋でしたが鎌倉十橋の一つで 我入道橋ともよばれているようです。

又、近くには 月影 の碑があります。

鎌倉時代の有名な 十六夜日記「いざよい日記」の作者 阿仏尼のお邸跡です。

藤原定家の子 為家の嫁で藤原冷泉の母に当たる人です、土地の相続の争いを定めてもらうために はるばる京都から鎌倉まで出てきた旅中日記が十六日記とのことです。

Abutu1 稲村小学校の前を進み山の近くまで歩くと月影地蔵があります。土地の人たちが守っているお地蔵さまです。

Nori3 Nori4_2

Nori73_2 Nori7

この後 光則寺、長谷寺を回りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

極楽寺~八幡さま

昨日 八幡様の大銀杏が倒れたことにより天然記念物の指定が解除されたとの事、雨まじりのお天気でしたが出かけてみました。途中 これから始まる あじさい寺 成就院への

記念入場券が 極楽寺駅から売り出されるとのこと早速買い求めました190円売り切れ次第終わり    (電車の切符です)

Azisai40 Kabu7 Kabu6

元あった所からヒコバエが沢山芽生えていました。また途中から切って離れた所に植えた木にも緑の葉が出ていました 良かった~です。

Hatimann Hatiman9

相変わらず修学旅行の生徒さんたちで何処も賑やかでした。

Kabu5 Kabu4

小町通りのお香のお店の前でネコが店番をしているように動かないのを見て誰かが(トラちゃん)と声をかけたら 少し目をあけたので トラちゃんなのかも・・・

Kabu2 Kabu3

Yokohama_0715 Kabu1_2

鏑木清方美術館にも寄りました。

清方の門下生からなる「郷土会」のための賛助出品が展示してありました。

門下生の中には伊東深水、寺島紫明、山川秀峰、など多くの優れた画家たちがいます。

行合川に今年もカルガモの親子が遊んでいました 一年経つのが早いこと

Kabu8

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

霊光寺 竜王祭り

日蓮聖人雨乞いの池、で知られている霊光寺で竜神さまのお祀りがあるとの事、行ってみました。

伝説ではこの池に邪神が住んでいて色々悪さをしたようです。

11時半から法要があり檀家の方々が集まり本堂は満員でしたので私は外で手を合わせお参りしてきました。

Nitiren1 Nitiren2

Nitiren3 Mon5

Nitiren4 Nitiren8

普段は余り山の上まで上がったことがありませんが銅像を間近に拝むことが出来てご利益を頂けるような気がしました。

Nitiren5 Nitiren11

Nitiren93 Nitiren14

田辺ガ池は雑草が生い茂り 昔、子供たちと おたまじゃくしを掬いにきた頃が懐かしいです。

今、沼を整理して遊歩道を造っているようなので 又見に来たいと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

満福寺 義経まつり

昨日の みぞれ混じりの雨と今朝の寒さでは今日の 義経まつり の法要の後のパレードは中止と思っていましたが午後から晴れてきたので行ってみました。

鎌倉高校、腰越中学、腰越小学校の生徒さんたちの一生懸命さに心を打たれました。

Yosi1 Yosi2

Yosi3_2 Yosi4

Yosi102 Yosi5

Yos6 Yosi104_2

Yosi8 Yosi9_2

このお寺は歩いていける距離なので毎年行きます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

大師さまへ

お正月は川崎大師にもお参りに行きます。

参道は飴売りや甘酒をすすめる呼び声で賑やかです。

Daisisama1 Daisisama2

Daisisama4 Daisisama5

Daisisama6  

帰りには名物の『くずもち』を買いました。

19の厄年にお参りしてから、もう何年?

| | コメント (4) | トラックバック (0)